>

税理士を探して面談しよう

実際に税理士を探すには

税理士を探す方法は、主にインターネットや電話で調べる・知人から紹介してもらう・税理士紹介サイトを活用する、の3つです。
インターネットや電話で探す場合は、自分でどんな税理士か調べて、直接やりとりした結果決められます。
一番納得がゆく方法ですが、時間と手間がかかり面倒です。
信頼関係がある知人からの紹介は、問題が無ければ早くて確実ですが、その人との相性がよい税理士だからといってあなたと合うとは限りません。もしトラブルになった時は、断りづらいというデメリットもあります。
税理士紹介サイトは、地域ごとの税理士データベースから比較検討できて、依頼内容に応じて紹介してもらえます。
良さそうな税理士との面談アポイントや料金交渉、お断りまで代行してくれるのも利点です。
ただ、税理士紹介サイトにはレベルの違いがあるので、細かい要望を伝えてもしっかり対応してくれて、実績があるところを選びましょう。

税理士と契約する前に面談しよう

依頼する税理士の候補を絞ったら、契約の前に実際に会って要望や問題を詳しく伝え、頼りになる人かどうか確認しましょう。また、報酬・顧問料などの費用、訪問の頻度、過去の業績、得意分野も必ず聞いてください。事務所内が乱雑でないか、本人やスタッフに清潔感があるかも要チェックです。
限られた時間の中で話を具体的に進めるために、こちらも準備するものがあります。まず、質問内容のリストを作成して行きましょう。
また、どんな会社か理解するための定款や謄本、経営状況がわかる決算書や申告書、記帳代行の見当をつける伝票類など、依頼したい業務に添った資料も持参したいですね。
依頼することになったら連絡手段は何にするのか、また訪問の回数が増えると料金が加算されるので、どのくらいの頻度になるかも聞いてください。その話ほか、合った内容を口約束で終わらせず契約書に明記すると、後々のトラブルを避けられます。


この記事をシェアする