良い税理士の条件と選び方のポイント

満足できる税理士を選ぶには

どんな税理士を選ぶべき?料金は?

あなたの要望を積極的に聞いてくれて、説明がわかりやすいなら「良い」弁護士と言えるでしょう。返事が早いか、要望に添った業務の専門知識を持っているかどうかも要チェックです。 長い付き合いになることが多いので、人間同士で気持ちよく付き合えるかの相性も大切です。

良い=相性が良く信頼できる税理士

税理士選びでまず気になるのは、「どんな税理士事務所に相談すればよいのか」と「どのくらい費用がかかるのか」の2点ですね。
会社の場合は記帳代行・会計システム導入・税務調査対策等から経営相談まで、個人や小規模事業主の場合は確定申告や相続税対策等々…税金の問題は専門的な知識が必要で、しかも税法は複雑で改正が多いため、プロである税理士に依頼するのが安心です。

ここで注意しなくてはならないのが、税理士は業種や業務内容によって得意・不得意分野があり、また能力によって結果に差が出る事です。
あなたがどんな立場で何を依頼するか、それによって選ぶ税理士が変わってきます。

例えば、公務員の前歴を持つ税理士なら税務調査に強い可能性が高いですし、銀行員出身者なら資金繰りの頼もしい相談相手になってくれそうです。
税理士の得意な専門分野を知るためには、その人の経歴や過去の実績を調べて、疑問があれば問い合わせ、自分の要望に合う仕事をしてくれるかどうか見きわめることが大切なのです。

税理士に依頼する費用については、明確な基準がありません。また、事前に決めていても状況によって加算される可能性もあります。
インターネットに料金を公開している税理士も多いので、あなたが相談したい用件に合った相場を調べてみる事をおすすめします。
高いから良い、安いから悪いとは限りませんが、極端に安いところはサービスの質を落としている傾向にあるので気をつけましょう。
また、会社を起こした当初の数年、資金繰りがまだ安定しない期間は特別に割安で対応してくれる事務所もあります。
なお相続税対策に関しては、税理士報酬も必ずチェックしてください。納税額が税理士によって大きく変わるため、「報酬は安かったが相続税が高くて、結局損をしてしまった」というケースがよくあるからです。

税理士を探して面談しよう

税理士を探す方法としては、インターネットや電話、知人の紹介、税理士紹介サイトの3種類が一般的です。 良さそうな税理士事務所の目星がついたら、契約前に必ず面談してこちらの要望を詳しく伝え、相手が対応できるか・専門知識を持っているかや、事務所内の雰囲気も確認しましょう。

失敗しない税理士選び

税理士と会った時に、態度が不愉快か・対応が遅いか・身だしなみが悪いか等の不安要素を確認し、1つでも当てはまったらやめましょう。 また税理士の中には資格を持たないニセ者もいて、もし依頼してしまったらトラブルに巻き込まれ迷惑するので注意してください。